ラクトフェリンの生成で環境汚染予防!?

体にとってもいいとされるラクトフェリン。

実は、環境にもいいらしいんです。


ラクトフェリンは、母乳(特に初乳)に多く含まれる成分なのですが、育児用ミルクに加えられているラクトフェリンや、クリームなどの化粧品に含まれているラクトフェリンなどは、牛の乳(つまり牛乳ですね)から生成されているのだそうです。

それが、どうして環境にいいのかというと…。


1970年ごろ、ヨーロッパでは河川の汚染が問題となっていたのだそうです。

その原因は、チーズを作ったあと、ホエー(牛乳からチーズを作り、絞ったあとの上澄み液。乳清ともいう)をそのまま河川に流していたからなのだとか。

続きを読む

ラクトフェリン入りの歯みがきガムの効果は?

母乳に含まれる栄養成分のラクトフェリンは口腔ケアにも効果があるとして、歯みがきガムに配合されているのだそうです。

どんな効果があるのでしょうか?

調べてみました。


ラクトフェリンには、歯周病菌が出す毒素を解毒して、炎症が進むのを防ぐという働きがあるのだそうです。

歯周病は、日本人では8000万人以上の患者がいるといわれていて、30歳で8割以上が羅漢しているとされているのだそうです。

歯周病は、単なる歯の病気だけにとどまらず、糖尿病や心臓病、骨粗しょう症や早産など、全身の症状の引き金になるのではないかということが疑われている恐ろしい病気なのだそうです。

続きを読む

ラクトフェリンを摂る上で注意することは?

健康によいと言われ、各社からサプリメントが発売されているラクトフェリン。

摂取するときに注意することはあるのでしょうか?

副作用などの心配はないのでしょうか?

しらべてみました。


まず、ラクトフェリンを摂取する上で注意することは、腸溶性のラクトフェリンを選んで飲むということくらいでしょうか。

胃で溶けてしまっては、ラクトフェリンの効能が期待できないので…。


ラクトフェリンの副作用や過剰摂取による問題、他の薬との飲み合わせの悪さは、今のところ報告はないそうです。

母乳由来の成分なので、他の食べ物と食べあわせが悪いということもないのだそうです。

牛乳アレルギーの人は摂取に注意が必要というくらいでしょうか。


ラクトフェリンを摂取すると、お腹がゆるくなるという人がいるそうです。

続きを読む

ラクトフェリンはどんな食品に含まれているの?

ラクトフェリンが健康によいと注目を浴びて、さまざまな食べ物にラクトフェリンが含まれるようになっているようです。

ラクトフェリンはどのような食べ物に含まれているのか、調べてみました。


ラクトフェリンが含まれている食べ物は、ラクトというだけあって、乳製品が多いようですね。

スキムミルクやラクトフェリン入りヨーグルト、ラクトフェリン入りの牛乳、ラクトフェリン入りの粉ミルク、ラクトフェリン入りヤクルトなどがあるそうです。

牛乳には、人の母乳ほどではありませんが、もともとラクトフェリンが含まれているそうです。

でも、加熱処理をすると、ラクトフェリンが減少してしまうので、できあがったあとにラクトフェリンを配合しているものが多いようですね。


続きを読む

ラクトフェリンって何?

ラクトフェリン…医療界でも注目されている成分らしいのですが、どんなものなのでしょうか?

調べてみました。


ラクトフェリンとは、1939年に発見された物質で、分子量約8万の鉄結合性糖たんぱく質というもので、鉄を結合すると赤くなることから、別名「赤いたんぱく質」と呼ばれているそうです。


ラクトフェリンは、母乳とくに初乳に多く含まれているのだそうです。

ラクトフェリンという名前も、ラクト(乳)の中のフェリン(鉄を含むたんぱく質)というところからきているそうです。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。