ラクトフェリンを摂る上で注意することは?

健康によいと言われ、各社からサプリメントが発売されているラクトフェリン。

摂取するときに注意することはあるのでしょうか?

副作用などの心配はないのでしょうか?

しらべてみました。


まず、ラクトフェリンを摂取する上で注意することは、腸溶性のラクトフェリンを選んで飲むということくらいでしょうか。

胃で溶けてしまっては、ラクトフェリンの効能が期待できないので…。


ラクトフェリンの副作用や過剰摂取による問題、他の薬との飲み合わせの悪さは、今のところ報告はないそうです。

母乳由来の成分なので、他の食べ物と食べあわせが悪いということもないのだそうです。

牛乳アレルギーの人は摂取に注意が必要というくらいでしょうか。


ラクトフェリンを摂取すると、お腹がゆるくなるという人がいるそうです。

これは、腸内細菌叢が変化するためなのだそうです。

ラクトフェリンを経口摂取すると大腸菌群とクロストリジウムが減少し、それに代わって乳酸菌とビフィズス菌が増えるので、一時的に大腸の水分吸収が減り、便がゆるくなるのだそうです。

しかし、1週間もすれば正常な便になり、今度は規則正しく出るようになるのだとか。


ラクトフェリンの摂取の仕方としては、食前の方が望ましいそうですが、空腹時に服用が難しい場合は食後でもいいのだそうです。

サプリメントを飲む場合、水が無難ですが、手近な飲料であれば、お茶でもコーヒーでも牛乳でも何でもいいのだそうです。


そして、ラクトフェリンの消費期限は、冷暗所で2年以内だそうです。


こうしてみてみると、牛乳アレルギーの人以外は特別に注意することなく、気軽に摂取できそうです。

ラクトフェリンで健康な生活を手に入れてみませんか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119812405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。