ラクトフェリンの生成で環境汚染予防!?

体にとってもいいとされるラクトフェリン。

実は、環境にもいいらしいんです。


ラクトフェリンは、母乳(特に初乳)に多く含まれる成分なのですが、育児用ミルクに加えられているラクトフェリンや、クリームなどの化粧品に含まれているラクトフェリンなどは、牛の乳(つまり牛乳ですね)から生成されているのだそうです。

それが、どうして環境にいいのかというと…。


1970年ごろ、ヨーロッパでは河川の汚染が問題となっていたのだそうです。

その原因は、チーズを作ったあと、ホエー(牛乳からチーズを作り、絞ったあとの上澄み液。乳清ともいう)をそのまま河川に流していたからなのだとか。

ヨーロッパでは家庭でチーズを作るので、仕方がなかったのですね。

それで、ホエーを集め、一括で処理することができないだろうかと、ドイツ南部のアルゴイランド地方ライン川周辺のロイトキルヒという町にMILEI ( ミライ ) 社が作られ、研究が始まりました。


MILEI社は、研究によりホエーをたんぱく質と乳糖に分離することに成功し、さらにたんぱく質をラクトフェリン、ラクトアルブミン、ラクトパーオキシダーゼなどの種々の成分に分ける技術に成功しました。

そして、それらの成分が産業ベースに見合うだけの生産量を取るだけの技術が確立したのです。

つまり、ホエーを捨てることなく、ラクトフェリンなどのたんぱく質を取り出して、再利用することができるようになったのだとか。


ラクトフェリンの研究は、きれいな河川を保つことに一役買っているのですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。