ラクトフェリン入りの歯みがきガムの効果は?

母乳に含まれる栄養成分のラクトフェリンは口腔ケアにも効果があるとして、歯みがきガムに配合されているのだそうです。

どんな効果があるのでしょうか?

調べてみました。


ラクトフェリンには、歯周病菌が出す毒素を解毒して、炎症が進むのを防ぐという働きがあるのだそうです。

歯周病は、日本人では8000万人以上の患者がいるといわれていて、30歳で8割以上が羅漢しているとされているのだそうです。

歯周病は、単なる歯の病気だけにとどまらず、糖尿病や心臓病、骨粗しょう症や早産など、全身の症状の引き金になるのではないかということが疑われている恐ろしい病気なのだそうです。

続きを読む

ラクトフェリンって何?

ラクトフェリン…医療界でも注目されている成分らしいのですが、どんなものなのでしょうか?

調べてみました。


ラクトフェリンとは、1939年に発見された物質で、分子量約8万の鉄結合性糖たんぱく質というもので、鉄を結合すると赤くなることから、別名「赤いたんぱく質」と呼ばれているそうです。


ラクトフェリンは、母乳とくに初乳に多く含まれているのだそうです。

ラクトフェリンという名前も、ラクト(乳)の中のフェリン(鉄を含むたんぱく質)というところからきているそうです。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。